• 大垣市にある高校生専門の学習塾です。

今日から6日間
高3に数学Bの確率分布の特訓が始まります。
高3と言っても全員ではなく
希望者のみ受講できるスタンスです。

 

数学Bの単元は『数列』と『ベクトル』と『確率分布』の3つあります。
ほとんどの学校では数列とベクトルの2つを学習しますが、
確率分布はやりません。
共通テスト以外で確率分布は出題されないからです。
しかも、共通テストでは『数列』『ベクトル』『確率分布』から2題選択なので
確率分布を勉強しなくてもダメージが小さいんですね。

数列とベクトルはバリバリ理系単元なので
確率分布は特に数学が苦手な文系にもってこいです。
私大や国公立の2次試験では数学を使いませんから
応急処置的に確率分布を勉強するのはアリです。

 

2015年のセンター試験数学ⅡB。
平均点が40点を下回り、激難の年でした。
特に第1問が難しかったのですが、
数列もベクトルも例年に比べると難しい年でした。
でも、確率分布はびっくりするぐらい簡単だったんです。
基本的な分散・標準偏差の問題とベタな正規分布の問題でした。

 

マーク模試に比べて共通テストの方が
選択問題間の難易度の差は大きい印象があります。

 

つまり、確率分布という選択肢を一つ持っておくことによって
数学のダメージを軽減しようという作戦です。

共通テストまで53日。
1点でも多く取る!

 

P.S.

王将戦の挑戦者決定リーグで
羽生九段が勝ち抜きました。
なんと年明けは
羽生九段vs藤井五冠の
ビッグタイトルマッチ!

 

野球で言えばイチローvs大谷のような
歴史を塗り替えた選手同士の対決になります。

 

 

W杯もWBCも王将戦も目が離せません!